ニューヨークのアパート・注意事項

ニューヨークのアパート・注意事項に関しましてお知らせしますね。

アパート内覧時にチェック項目はたくさんありますが、特に注意していただきたいのは 音 です。

ニューヨークは、築100年という物件も珍しくなく、年数ウン十年といった建物がほとんどです。

歩くとメキメキ音がしたり、床が斜めになっていたりする物件が多いです。(;^_^A

多少はやむをえませんが、小さなお子様がいらっしゃたり、

犬を飼っていらっしゃる場合は、下にお住いの方からクレームがくるなど

トラブルの元になるので、良く確認してください。

又、逆に、上に住んでいる方の足音もよく聞こえます。
何時に帰宅し、どのあたりを歩いてるかまでかなりはっきり聞こえます。

他、冬場のヒートですが、カンカンカンカン と、金属バットで思いっきり鉄板を
殴ったような音がしたりする物件もあります。

これは残念ながら、入居してみるまでは分からないですし、
修理するには大掛かりな工事になるので、オーナー側もそう簡単に
動いてくれません。

他、アベニュー沿い、34丁目や42丁目等、クロスバスが東西に行き来している

大道りの1階、2階はかなりうるさいです。救急センターや、消防署の近くも。

実は、これ全部合わさった物件に住んでしまったことがあります。

34丁目沿いのバス停の前の2階、救急車とバスが24時間体制で往来し、

3階からの足音はしっかり聞こえ、夜になると、あの恐ろしいヒートのカンカンが!

色んなタイプの耳栓を試しましたが、役に立たず、睡眠薬がないと

眠れないほどに。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

結局、数か月で、また引っ越しする羽目になりました。
ですので、大道り沿いの1階&2階の物件は避けた方が無難。
小さなお子様いらっしゃったり、犬を飼ってらっしゃる場合は、クレームにならないよう1階にする。
逆に上の階からの音に敏感に方は、最上階にする。
が、良いかと思います。

ただし、造りのしっかりした高層アパートや、比較的新しい物件は、あまり気になさらなくて良いかと思います。

ヒートに関しては、冬場に内覧しないとわからないし、又、時間によって音がしたりしなかったりします。
オーナー側のブローカーも、本当に知らなかったりするので、入居するまでわからなかったりします。

そう、運になります。。。 祈りましょう!

ニューヨークで不動産お探しなら下記サイトをご参考下さい。
Nami New York

カテゴリー: ニューヨーク・賃貸・売買・商業・不動産情報

お申し込みのながれ

  • ① お問合せフォームに必要事項(日程・ご予算・目的・ご質問内容等出来るだけ詳しく)、各種チケット・レストラン予約ご希望の方は、ご希望日程日時を第一希望~第三希望までご記入の上、メイルをしてください。
  • ② 日程の空き状況・ご質問のご返答・お見積書、お支払方法をお知らせ致します。
  • ③ 内容がよろしければ確認書にご署名・お支払
  • ④ お支払確認後、ご予約確定
  • ⑤ メイル・スカイプ・LINEにて詳細打ち合わせ