ニューヨーク ★イエローキャブ・空車の見分け方&乗り方★

★ニューヨーク・イエローキャブの空車の見分け方★

下の写真の通り、上の数字&アルファベットが点いていたら空車、消えていたら人が乗っています。

手を上げて止まったら、自動ドアではないので自分で開けて乗りましょう。
行き先は、住所ではなく、交差する道を教えてあげるとすぐにわかってくれます。
例えば、ヒルトンに行く場合、住所は 1135 6th Avenue ですが、この番地1135ではすぐにわからないドライバーがほとんどです。
ですので、”Hilton hotel, 6th Avenue between 53rd street & 54th street , please.” 6番街、53丁目&54丁目の間のヒルトンホテルに連れて行ってください、と交差する道を教えてあげるとすぐに分かってくれます。
時々、目的地の近くになると、”which side of the road”?どちら側の道路に止まればいいの?と聞かれることもあります。
知っていれば” West side, please” 西側にお願いします、とか教えてあげて下さい。

夕方5時~6時頃は交代の時間で、上のランプが消えていても同じ方向だったら乗せてくれることもあります。
なので、タクシーを見たらとりあえず手を上げる価値はあります。
行きたい方向の道路わきに立ち、ランプが消えているタクシーが寄ってきたら、”Where are you going?”どこに行くの?と聞かれるので、”Times Square”タイムズスクエア等行き先を告げると、
同じ方向ならOK,違っていたらNOといって去って行きます。

また夕方・雨の日は競争率が高いので、タクシーが止まったらダッシュでタクシ―に乗り込んでね。
私は何度も直前に知らない人にタクシーをとられ悔しい思いをしましたが、最近は猛ダッシュに勢いがついたようで、人から奪うこともあるくらい速く走れるようになりました。
皆さんも頑張ってね。

カテゴリー: ニューヨーク・渡米前の準備&現地での注意事項, ニューヨーク・現地生活情報

SNS

お問合せ

営業時間

お気軽にお電話ください

携帯番号 1+(917)797-0281
電話&ファックス番号 1+(212)420-9662

日本からのお問合せ

スカイプ番号 (050) 5532-4118

固定電話・携帯から日本国内・
市内通話料金のみでかけられます

オンライン・スカイプはこちらから

営業時間

ニューヨーク時間 午前8時~午後9時
日本時間・夏季
(3月上旬~11月上旬)
午後9時~翌午前10時
日本時間・冬季
(11月上旬~3月上旬)
午後10時~翌午前11時

お申し込みのながれ

  • ① お問合せフォームに必要事項(日程・ご予算・目的・ご質問内容等出来るだけ詳しく)、各種チケット・レストラン予約ご希望の方は、ご希望日程日時を第一希望~第三希望までご記入の上、メイルをしてください。
  • ② 日程の空き状況・ご質問のご返答・お見積書、お支払方法をお知らせ致します。
  • ③ 内容がよろしければ確認書にご署名・お支払
  • ④ お支払確認後、ご予約確定
  • ⑤ メイル・スカイプ・LINEにて詳細打ち合わせ